ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 優男たち アレナス、ロルカ、プイグ、そして私

  • 優男たち アレナス、ロルカ、プイグ、そして私

ポイント倍率

優男たち アレナス、ロルカ、プイグ、そして私

  • ハイメ・マンリケ/著 太田晋/訳 マンリケ,ハイメ(Manrique,Jaime)
    1949年コロンビアに生まれ、映画と文学を愛するゲイとして成長する。高校時代に渡米、コロンビア大学の創作講座でプイグの薫陶を受ける。ニューヨークで英語による作家活動に入り、アレナスと親交を結ぶ。二人の死後、初のゲイ・ノヴェル『マンハッタンのラテンの月』(92年)、詩集『ロルカと過ごした夜』(97年)などで注目を集め、『優男たち』(99年)はジョンソンの『詩人伝』に喩えられる高い評価を獲得した。近年は『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』の書評者として活躍、コロンビア大助教授として教壇にも立つ

    太田 晋(オオタ シン)
    1968年東京生まれ。東京大学大学院(英語英米文学)単位取得退学。成城大学法学部助教授

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-7917-6316-0
  • 発売日
    2006年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ある文学的な、熱帯の、ボーイズ・ラヴの物語。アルモドバルのようにエモーショナル、ウォン・カーワイのようにセンシュアル、パゾリーニのようにセンセーショナルな、衝撃のラテンアメリカ・ゲイ作家列伝。
目次
1 脚―幼年期と思春期の回想
2 マヌエル・プイグ―ディーバとしての作家
3 レイナルド・アレナス最後の日々―海のごとく深い悲しみ
4 フェデリコ・ガルシア・ロルカと内面化されたホモフォビア
5 もうひとりのハイメ・マンリケ―死せる魂
6 最近

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Eminent maricones
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 優男たち アレナス、ロルカ、プイグ、そして私
  • 優男たち アレナス、ロルカ、プイグ、そして私

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中