ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもらのふるさと こどもをしあわせにできないしゃかいのあすはない

  • 子どもらのふるさと こどもをしあわせにできないしゃかいのあすはない

子どもらのふるさと こどもをしあわせにできないしゃかいのあすはない

  • 小野連太郎/著 小野 連太郎(オノ レンタロウ)
    1934年、山梨県に生まれる。1963年、財団法人新生活運動協会に入り、戦後の新日本建設運動を地域からと、冠婚葬祭の簡素化など地域の古い慣習や因習改善、民主的な地域社会の構築、新しい村づくり、町づくりなどに取り組む。1982年.財団法人あしたの日本を創る協会に改称。少子高齢化問題などを地域づくりに加え、なかでも子どもの健全な成長・発達をテーマにした活動を展開する。新生活運動協会時代は企画調査部長、あしたの日本を創る協会では研究部長などを歴任。1994年退職。以後、地域のコミュニティ活動やNPO団体などに参加

  • ページ数
    153p
  • ISBN
    978-4-434-08673-1
  • 発売日
    2006年12月

952 (税込:1,028

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 著者の子ども時代の「放牧(体験)記」や、現代の子どもたちに出来る限りの自由闊達な遊びの展開できる場を設ける提案など、ブログ上で日記風に少しずつ書き溜めたものから選び出し、手を加えまとめたもの。
目次
第1部 お父さんのガキ大将時代(悲劇招いた冒険が語るもの
クマバチとの戦い
山里の子と自然の恵み・春夏秋冬 ほか)
第2部 子どもと戦争(小学校は第2次大戦のさなかで
子どもと学校
子どもと地域社会 ほか)
第3部 生き生き!子どもは地域社会が育てよう(三世代の遊びの変化調べる
子どもを自然から遠ざける現代社会
地域で希薄な人間関係がネックに ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもらのふるさと こどもをしあわせにできないしゃかいのあすはない
  • 子どもらのふるさと こどもをしあわせにできないしゃかいのあすはない

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中