ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かずら橋を渡って 平家隠れ里・ある女将の半生

  • かずら橋を渡って 平家隠れ里・ある女将の半生

かずら橋を渡って 平家隠れ里・ある女将の半生

  • 伴玉枝/著 伴 玉枝(バン タマエ)
    1934(昭和9)年東京(小石川)生まれ。女子栄養学園卒。1966(昭和41)年栃木県日光市(平成18年春合併により)湯西川温泉の本家伴久「萬久旅館」24代女将(代表取締役)。現在、観光栃木女将の会会長、全国平家会会長、日本作家クラブ、平家の里理事長など多方面で活躍中。その間に栗山村議五期、湯西川温泉旅館組合長、栗山村観光協会会長などを歴任

  • ページ数
    263p
  • ISBN
    978-4-87969-096-8
  • 発売日
    2007年02月

1,714 (税込:1,851

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小石川で生まれ育った幼氣な少女が、平家嫡流24代当主と出会い、恋の地獄、旅館炎上…と絶え間なく襲い掛かる災禍をくぐり抜け、800有余年の歴史を刻む「平清盛」直系老舗旅館を再建、「平家の里」を天下に知らしめた“剛腕女将”へと変貌を遂げる壮大なドラマ。
目次
かずら橋を渡って
母、ふたり
兄嫁、またふたり
秋しぐれ
迂遠な道
恋地獄
火の国へ
ブラックオパール
老舗伴久の興亡
木の葉隠れ〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • かずら橋を渡って 平家隠れ里・ある女将の半生
  • かずら橋を渡って 平家隠れ里・ある女将の半生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中