ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 本朝文粹抄

  • 本朝文粹抄

本朝文粹抄

  • 後藤昭雄/著 後藤 昭雄(ゴトウ アキオ)
    1943年、熊本市に生まれる。1970年、九州大学大学院修了。大阪大学名誉教授

  • ISBN
    978-4-585-05367-5
  • 発売日
    2006年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 平安朝における第一級の文学、日本漢文の名作をわかりやすく読み解く。
目次
第1章 清慎公の先帝の奉為に諷誦を修する文(菅原文時)―藤原実頼、村上天皇の追善に楽器を喜捨する
第2章 右近中将宣方の為の四十九日の願文(大江匡衡)―源宣方の妻、夫の冥福を祈る
第3章 遊女を見る詩の序(大江以言)―淀川の遊女を描く
第4章 宇多院の河原院左大臣の為に没後諷誦を修する文(紀在昌)―宇多法皇、源融の霊を供養する(河原院の文学1)
第5章 河原院の賦(源順)―河原院哀歌(河原院の文学2)
第6章 河原院に山晴れて秋望多しを賦す詩の序(藤原惟成)―河原院に遊ぶ(河原院の文学3)
第7章 学生藤原有章の讃(菅原文時)―大学寮学生の前途を祝福する
第8章 老閑行(菅原文時)―不遇を歎く異色の雑言詩
第9章 弁官・左右衛門権佐・大学頭等を申す奏状(大江匡衡)―昇進を訴える「博士の申文」
第10章 出雲権守藤原朝臣の為の帰京を請ふ奏状(高階成忠)―左遷された藤原隆家、赦免を哀願する
第11章 右大臣を辞する表(菅原道真)―菅原道真、右大臣就任を辞退する

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

文学的歴史的価値の高い、平安時代の名文集「本朝文粋」の入門書。平安朝漢文学の第一人者による現代語訳・解説を附す。

ページの先頭へ

閉じる

  • 本朝文粹抄
  • 本朝文粹抄

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中