ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生老病死と人生を語る

  • 生老病死と人生を語る

生老病死と人生を語る

  • ISBN
    978-4-412-01348-3
  • 発売日
    2006年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

952 (税込:1,047

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 聖教新聞で連載された「生老病死と人生を語る」の待望の単行本化である。
     日本は今や、食生活や保健衛生の改善に加え、医学の進歩などにより、世界に誇る長寿社会となった。
     しかし介護問題をはじめ、安楽死や尊厳死などの問題もある。寿命が延びれば延びるほど、いかに健康で充実した人生の総仕上げを飾れるかが問われている。
     「生老病死」。それは万人が避けて通れない悩み。人生にとって最重要の課題であり、人類にとって永遠の命題なのである。
     こうした人間にとっての最大のテーマについて、「健康の世紀」「生命の世紀」を担う医
目次
はじめに
第1回 風邪から学ぶ 生死こそ時代の焦点
第2回 仏法と医学 「戦う一念」に生命は輝く
第3回 インフルエンザの謎 “自分だけは”の油断は大敵
第4回 人間は「遺伝」で決まるか 自分の未来は自分でつくる
第5回 子どもとストレス 「信頼」と「尊敬」ありて健康に育つ
第6回 「脳」の世紀(上) 鍛えれば鍛えるほど力を発揮
第7回 「脳」の世紀(下) 母の愛情が栄養に
第8回 予防は子どもの時代から(上) 命は食にあり
第9回 予防は子どもの時代から(下) 歯は「生命の土台」
第10回 豊かに老いる

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 生老病死と人生を語る
  • 生老病死と人生を語る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中