ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダライ・ラマとパンチェン・ラマ

  • ダライ・ラマとパンチェン・ラマ

ダライ・ラマとパンチェン・ラマ

  • イザベル・ヒルトン/著 三浦順子/訳 ヒルトン,イザベル(Hilton,Isabel)
    英国・ロンドン在住。国際ジャーナリスト。テレビ・ラジオで中国情勢についてのコメンテーターとして知られる。Sunday Times,Independentなどの多数の新聞・雑誌などで執筆

    三浦 順子(ミウラ ジュンコ)
    東京学芸大学教育学部卒。’86年から’89年にかけて、北インドのダラムサラに滞在。帰国後チベット関係の翻訳や通訳にたずさわる

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 H1-1
  • ページ数
    461p
  • ISBN
    978-4-270-10054-7
  • 発売日
    2006年09月

950 (税込:1,026

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ことのはじまりはパンチェン・ラマ十世が50歳の若さで急死したことにあった。転生ラマをめぐり、中国とチベット亡命政府のかけひきの中、95年5月半ば、突如ダライ・ラマはパンチェン・ラマ十一世を発表。その生まれ変わりとされる6歳の少年は、両親、兄弟とともに中国公安に連れ去られ、消息を絶った。転生者探しの顛末は?中国とチベットの関係は?本書は英国人ジャーナリストの著者が、綿密な取材力で克明に描いたノンフィクション作品である。
目次
探索の始まり
ダライ・ラマ政権の誕生
転生ラマ制度とは
パンチェン・ラマの登場
二大ラマの対立
パンチェン・ラマ九世、十四年間の彷徨
十世選出をめぐる思惑
国民党から共産党へ
ダライ・ラマ十四世の亡命
党の心臓をねらう「毒矢」
九年八か月の独房生活
パンチェン・ラマの妻
突然の死
転生者探しの開始
それぞれの思惑、微妙な綱引き
ヒマラヤを越える候補者リスト
最悪の結末
タシルンポ僧院、制圧される
二人の少年の運命
世界で最も幼い政治囚

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The search for the Panchen Lama
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ダライ・ラマとパンチェン・ラマ
  • ダライ・ラマとパンチェン・ラマ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中