ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ペール・ギュント

  • ペール・ギュント

ペール・ギュント

  • ヘンリック・イプセン/作 毛利三弥/訳 イプセン,ヘンリック(Ibsen,Henrick)
    1828年生、1906年没。ノルウェーの劇作家。近代劇の父と呼ばれる。前期の二大劇詩『プラン』『ペール・ギュント』で北欧随一の詩人とされたが、その後の社会問題劇『人形の家』『ゆうれい』『人民の敵』で世界的な作家となる。つづいて『野がも』『ロスメルスホルム』『海の夫人』『ヘッダ・ガブラー』で、近代リアリズム劇の基盤を確立し、晩年は、『棟梁ソルネス』『小さなエイヨルフ』など、象徴性を帯びた作品を書いた

    毛利 三彌(モウリ ミツヤ)
    成城大学教授(演劇学)。イプセン現代劇連続上演の演出。ノルウェー学士院会員。日本演劇学会会長(1996‐2005年)

  • シリーズ名
    RONSO fantasy collection
  • ISBN
    978-4-8460-0448-4
  • 発売日
    2006年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 作曲家グリークの組曲が誕生した劇詩の傑作。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Peer Gynt
対象年齢 小学56年生 中学生

ページの先頭へ

閉じる

  • ペール・ギュント
  • ペール・ギュント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中