ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マンアライヴ

  • マンアライヴ

マンアライヴ

  • G.K.チェスタトン/著 つずみ綾/訳 チェスタトン,G.K.(Chesterton,G.K.)
    1874~1936。ギルバート・キース・チェスタトン。ロンドン生まれ。パブリック・スクールから美術学校に進学し、その後中退。ロンドンの出版社勤務を経て文筆家になる。作家にとどまらず、エッセイスト、ジャーナリスト、文芸・政治評論家、詩人、劇作家として活躍したイギリス文学界に名を残す巨匠。ミステリ界ではブラウン神父の産みの親として有名であり、『ブラウン神父の童心』(1911)の他、四冊の短編集がある

    つずみ 綾(ツズミ アヤ)
    京都大学文学部卒。英語圏、ドイツ語圏のミステリの翻訳紹介を手がける。「週刊アスキー」等でミステリ書評を担当。探偵小説研究会会員

  • シリーズ名
    論創海外ミステリ 54
  • ISBN
    978-4-8460-0737-9
  • 発売日
    2006年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 下宿屋ビーコンハウスに現れた謎の男イノセント・スミスを私設法廷にて裁く。嫌疑は殺人未遂、強盗、重婚。下宿人らが検察側と弁護側に分かれ、はげしい応酬のもと裁判が進んでいく。いったいイノセント・スミスとは何者なのか。過去の関係者の手紙類が裁判の中心となり、やがてスミスの不可解な行動に意外な真相があったことが明らかになる。ブラウン神父の産みの親、チェスタトンによる諧謔と逆説を堪能できる初邦訳の長編ミステリ。同じく初訳の評論二編を収録。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Manalive
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • マンアライヴ
  • マンアライヴ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中