ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 緑の地平線に消えた男 悲劇の歌手楠木繁夫とその時代

  • 緑の地平線に消えた男 悲劇の歌手楠木繁夫とその時代

緑の地平線に消えた男 悲劇の歌手楠木繁夫とその時代

  • 戸梶良/著 戸梶 良(トカジ リョウ)
    1927年高知県生まれ。横浜専門学校経済科卒(現神奈川大学)。商事会社退社後、食品卸売会社設立。食品卸売会社解散。現在、フリールポライター

  • ページ数
    217p
  • ISBN
    978-4-87601-759-1
  • 発売日
    2006年10月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「緑の地平線」の驚異的なヒットにより藤山一郎、東海林太郎等と並ぶスター歌手となった楠木繁夫。その足跡と昭和前半の歌謡史を辿る。
目次
新しいスターの誕生
高知県立一中の名物男
テイチクの三本柱
「退廃的」流行歌の禁止と国民歌謡の放送
テイチクを去り、ビクターへ
再びコロムビアへ
三原純子との結婚
教師志望からギタリストに
焦土からの歌声
南海道大地震
小さな歌手は怪物
新旧の激しい交替
テイチク復帰と第一回「紅白歌合戦」
三原純子の発病
暗い週末
比翼塚

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

昭和10年代の流行歌の歴史に燦然と輝き、栄光の座にあった歌手、楠木繁夫は、昭和31年12月14日、自らの命を絶った。彼を死に追いやったものは何だったのか。同郷の後輩である著者が、三年の歳月を費やして検証、追求した昭和前半の歌謡史ともいえる渾身のノンフィクションである。

ページの先頭へ

閉じる

  • 緑の地平線に消えた男 悲劇の歌手楠木繁夫とその時代
  • 緑の地平線に消えた男 悲劇の歌手楠木繁夫とその時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中