ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶

  • 幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶

幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶

  • 川村邦光/著 川村 邦光(カワムラ クニミツ)
    1950年生まれ。大阪大学教授。専攻は宗教学・近代文化史

  • シリーズ名
    復刊選書 8
  • ISBN
    978-4-7872-3264-9
  • 発売日
    2006年10月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近代化の波のなか、民俗社会の危機的な状況に浮上したさまざまな事件──血税一揆、トラホーム、狐憑き、座敷牢などを軸として、変容する民衆の心性・コスモロジーと、それが国家による「死の共同体」へと統合されていく過程を透視する転換期の精神史。
目次
1 “迷信”と感情教育(「血税一揆」の民俗的心性
トラホームと感情教育)
2 狐憑きから「脳病」「神経病」へ(狐憑きの民俗
精神医学の狐憑きへの視線
「脳病」「神経病」のイデオロギー)
3 座敷牢と幻視する霊魂(座敷牢の生産
狐憑きから妄想へ
出口なおの近代/日常性批判)
4 近代日本と霊魂の行方(位牌の漂泊
霊魂の近代)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶
  • 幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中