ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 女流 林芙美子と有吉佐和子

  • 女流 林芙美子と有吉佐和子

女流 林芙美子と有吉佐和子

  • 関川夏央/著 関川 夏央(セキカワ ナツオ)
    1949年、新潟県生まれ

  • ページ数
    229p
  • ISBN
    978-4-08-774818-5
  • 発売日
    2006年09月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ふたりの女とふたつの昭和。
    生きることがすなわち書くことだったふたりの女性作家をとおして、戦前と戦後のふたつの昭和を照らし出す。「草原を踏みしだいて前進する戦車にも似た彼女たちは、まさに「女流」の名に値した」。
目次
林芙美子の旅(働く「女流」
女たちのベンチャービジネス
みにくいアヒルの子
花の巴里はうそ寒い ほか)
有吉佐和子的人生(四十七歳の中国行
小澤征爾との再会
「帰国子女」という文化
「中年期」はむずかしい ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

生きることがすなわち書くことだったふたりの女性作家をとおして、戦前と戦後のふたつの昭和を照らし出す。

ページの先頭へ

閉じる

  • 女流 林芙美子と有吉佐和子
  • 女流 林芙美子と有吉佐和子

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中