ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • こねこのタケシ 南極大ぼうけん ほんとうにあったおはなし

  • こねこのタケシ 南極大ぼうけん ほんとうにあったおはなし

こねこのタケシ 南極大ぼうけん ほんとうにあったおはなし

  • シリーズ名
    すずのねえほん
  • ページ数
    39p
  • ISBN
    978-4-87786-799-7
  • 発売日
    2006年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 第一次南極越冬隊員たちのアイドル猫タケシ。タロ・ジロと一緒に南極へ行ったこねこのタケシの実話絵本!第一次南極越冬隊の写真もたっぷり。幼児から大人まで一緒に楽しめます。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 幼児

商品のおすすめ

【対象】 
 
幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

昭和32年の第一次南極観測越冬隊で、残された15頭の犬のうちタローとジローの2匹が生き残っていた話は有名です。  しかしその南極へは犬のほかに二羽のカナリアと一匹の子猫が宗谷に乗って行ったことは、あまり語られていません。これはその子猫のお話です。 図書館で見かけ、興味があったので私が個人的に借りて読みました。物語の終わりに当時の写真や記事がのっており、大変興味深い内容でした。大き目のお子さん向きです。(ななみやさん 20代・大阪府大阪市 女2歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • こねこのタケシ 南極大ぼうけん ほんとうにあったおはなし
  • こねこのタケシ 南極大ぼうけん ほんとうにあったおはなし

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中