ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 北極の北には何がある? 「考える脳」をつくる哲学トレーニング19

  • 北極の北には何がある? 「考える脳」をつくる哲学トレーニング19

北極の北には何がある? 「考える脳」をつくる哲学トレーニング19

  • スティーブン・ロー/著 中山元/訳 ロー,スティーブン(Law,Stephen)
    哲学者。現在、ロンドン大学ヘイスロップ・カレッジで教鞭をとる。予備校を除籍された後、数年間は郵便配達をして過ごし、哲学のたのしみに出会う。大学入学資格を取得し、オックスフォード大学トリニティ・カレッジ、同大学クイーンズ・カレッジへ進み、博士号を取得。英国王立哲学学会発行の一般読者向け哲学雑誌Thinkの編集者でもある

    中山 元(ナカヤマ ゲン)
    1949年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。哲学者・翻訳家

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 L2-1
  • ページ数
    415p
  • ISBN
    978-4-270-10063-9
  • 発売日
    2006年10月

950 (税込:1,026

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「宇宙はどこからはじまったの?」「心と脳は同じなの?」「人が人を罰することはできるの?」―素朴な疑問を、とことんまで考えてみるのが哲学の極意です。疑ったり、反論を立てたりしながら、著者は哲学的に考えるためのプロセスを易しく、丁寧に明らかにしてゆきます。読み進むうちに、自然と脳が鍛えられ、簡単にはだまされない知恵と判断力が身に付く、役に立つ哲学入門書。
目次
宇宙はどこからはじまったか?
とりはずされた脳の冒険
意識という謎
日常にひそむ推論の落とし穴
歯医者には患者の痛みが理解できるか?
考える機械の悲しみ
意味とは何か?
デザイナー・ベビーの誕生
同性愛はいけないこと?
道徳を教えるのは神様か?
悪さを見抜く色眼鏡
これでも芸術?
知識について
陽はまた昇る
タイム・トラベルは可能か?
人は人を罰しうるか?
ジョディーとメアリーの最大幸福
ぼくがぼくであること
世界をまどわす七つの逆説

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The philosophy gymの抄訳
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 北極の北には何がある? 「考える脳」をつくる哲学トレーニング19
  • 北極の北には何がある? 「考える脳」をつくる哲学トレーニング19

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中