ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自白が無実を証明する 袴田事件、その自白の心理学的供述分析

  • 自白が無実を証明する 袴田事件、その自白の心理学的供述分析

自白が無実を証明する 袴田事件、その自白の心理学的供述分析

  • 浜田寿美男/著 浜田 寿美男(ハマダ スミオ)
    1947年香川県生まれ。1976年京都大学大学院博士課程(心理学)修了。奈良女子大学文学部教授、法と心理学会理事長

  • シリーズ名
    法と心理学会叢書
  • 巻の書名
    袴田事件、その自白の心理学的供述分析
  • ISBN
    978-4-7628-2533-0
  • 発売日
    2006年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,960

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 袴田事件は1980年最高裁で死刑確定している。被告袴田氏は今なお無実を主張する再審請求人として獄中にある。強引な取調べは虚偽自白を生み出すことがあるが,本件もその例を免れない可能性が高い。本書は,1991年に日弁連から袴田氏の自白について鑑定依頼を受けた著者が心理学的供述分析を行なったほぼ全内容である。
目次
袴田事件と供述分析
第1部 袴田事件における捜査と自白(捜査の流れ
請求人の取調べ経過と自白の流れ
虚偽自白の可能性分析)
第2部 自白の供述分析(自白の変遷分析=嘘分析―請求人の自白における供述変遷は真犯人のものとして理解できるか
「無知の暴露」分析―請求人が犯行の現実を知らなかったしるし
自白の誘導可能性分析)
証拠排除された自白調査の証拠性―その無罪証拠としての可能性
補論 供述分析のための公理と着眼点

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 自白が無実を証明する 袴田事件、その自白の心理学的供述分析
  • 自白が無実を証明する 袴田事件、その自白の心理学的供述分析

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中