ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ドクター・ヘリオットの素晴らしい人生 下

  • ドクター・ヘリオットの素晴らしい人生 下

ドクター・ヘリオットの素晴らしい人生 下

  • ジム・ワイト/著 大熊栄/訳 ワイト,ジム(Wight,Jim)
    1943年生まれ。父親は世界一有名な獣医であるジェイムズ・ヘリオット(本名ジェイムズ・アルフレッド・ワイト)。ドクター・ヘリオット・シリーズは、父親が幼少期の著者を喜ばせようとして聞かせた話が、そもそもの始まりである。子供の頃から父の往診に助手として同行し、66年グラスゴー大学獣医科学部卒業。翌年より、サースクにあるシンクレア・アンド・ワイト診療所に勤務。20年後、父が引退するまで、その最も身近で仕事を学び、ともに働いた。妻のジルとひとりの息子、ふたりの娘とともに、サースク近郊にあるサットン・バンク在住

  • シリーズ名
    集英社文庫 ワ3-2
  • ページ数
    366p
  • ISBN
    978-4-08-760513-6
  • 発売日
    2006年09月

933 (税込:1,008

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ヘリオット先生の古きよき時代の生き方。
    父は私の親友だった。…私たちに過ぎ去った時代のすばらしい思い出を残してくれた―。ベストセラー作家としての苦悩など、家族しか知らない様々な貴重なエピソードを盛り込んだ待望の一冊。
目次
診療所の助手たち
さまざまな依頼人たち
神経衰弱と闘う
診療所の厳しい経営
短編小説を投稿する
第一作の出版とその反響
ベストセラー作家の誕生
アメリカから来た熱心なファン
人気の高まりと有名税
映画化とテレビドラマ化
押し寄せる称賛と顕彰
スポットライトを避けて
最後の著書『生きものたちよ』
入院先の愛読書
すべて世はこともなし

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原タイトル:The real James Herriot
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ドクター・ヘリオットの素晴らしい人生 下
  • ドクター・ヘリオットの素晴らしい人生 下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中