ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった。 何と言ってもインドネシアが独立出来たのは日本のお蔭です。日本がオランダの統治を破壊してくれ?

  • インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった。 何と言ってもインドネシアが独立出来たのは日本のお蔭です。日本がオランダの統治を破壊してくれ?

インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった。 何と言ってもインドネシアが独立出来たのは日本のお蔭です。日本がオランダの統治を破壊してくれ?

平和しか知らないあなたに読んで欲しい

  • シリーズ名
    シリーズ日本人の誇り 6
  • ページ数
    299p
  • ISBN
    978-4-434-08579-6
  • 発売日
    2006年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り 6)
    暗黒のオランダ植民地支配下にあったインドネシアの独立に、大きく貢献したのは日本人だった。日本軍と深くかかわったインドネシアの人々が語る真実。
目次
第1部 私は今でも親日家です―ユスフ・ロノディプロ氏の体験(誇りの持てなかったオランダ植民地時代
戦時中に見た日本人たち
インドネシア独立のための戦い)
第2部 日本軍との出逢いと私の人生―ハッサン・ラハヤ氏の体験(オランダ支配下の子供時代
日本の兵隊さんたちとの出会い
日本語を習い軍政監部へ ほか)
第3部 日本軍政下で愛国心を育てた―プロボ・スウォンド氏の体験
第4部 日本軍の占領は幸運だった―スリオ・ウィリオハディプトロ氏の体験
第5部 スカルノ大統領は日本人を尊敬していた―ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ氏の証言(スカルノ大統領の語る日本軍の素晴らしさ
日本人は誇りを取り戻さなければいけない)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった。 何と言ってもインドネシアが独立出来たのは日本のお蔭です。日本がオランダの統治を破壊してくれ?
  • インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった。 何と言ってもインドネシアが独立出来たのは日本のお蔭です。日本がオランダの統治を破壊してくれ?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中