ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ある戦後精神の形成 1938-1965

  • ある戦後精神の形成 1938-1965

ある戦後精神の形成 1938-1965

  • 和田春樹/著 和田 春樹(ワダ ハルキ)
    1938年生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学社会科学研究所教授、所長を経て、東京大学名誉教授。ロシア・ソ連史・現代朝鮮研究

  • ページ数
    362p
  • ISBN
    978-4-00-022035-4
  • 発売日
    2006年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,300 (税込:3,564

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 歴史研究者にして、市民運動家でもある著者が、精神形成の過程をつづった自分史。
目次
第1章 幼年時代
第2章 戦後の小学生
第3章 中学時代
第4章 高校時代
第5章 大学生活
第6章 社会科学研究所にて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「南京陥落」直後の1938年1月に生まれ、国民学校二年生で終戦を迎えた著者は、戦中生活を体験した最後の世代であり、終戦とともに自意識を形成し始めた最初の世代である。戦後日本平和主義の原点はどこにあるのか?戦後の革新思想、左翼運動が果たした役割は?歴史家は新たな朝鮮観・ロシア観をいかに築いてきたのか?戦後的な価値が否定されようとする趨勢の中で、日本社会の健全な批判精神を回復するために、自分史を戦後史の構成要素として検証し、自分史を通して戦後史を描き出す試みとして、ある戦後知識人の半生記は書き下ろされた。

ページの先頭へ

閉じる

  • ある戦後精神の形成 1938-1965
  • ある戦後精神の形成 1938-1965

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中