ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 沖縄美味の島 食べる、飲む、聞く

  • 沖縄美味の島 食べる、飲む、聞く

沖縄美味の島 食べる、飲む、聞く

  • 吉村喜彦/著 吉村 喜彦(ヨシムラ ノブヒコ)
    1954年大阪府生まれ。京都大学教育学部卒業。サントリー宣伝部勤務を経て作家に。2004年、泡盛マイスター第一号となる

  • シリーズ名
    光文社新書 263
  • ページ数
    208p
  • ISBN
    978-4-334-03363-7
  • 発売日
    2006年07月

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 旅は、那覇の牧志公設市場からはじまった。そこは活気に溢れ、子どものころのお祭りや縁日の雰囲気とそっくりだった。二階にある食堂「きらく」の李さんとの会話がきっかけで、ぼくは、ざっくばらんな沖縄の食の魅力に惹かれていった…。国をあげてのもてなし料理だった宮廷料理を食べに、かつての王都・首里へ、神さまと人とが一緒に食事をするお盆の夜を過ごしに友人宅へ、戦後、アメリカや南米の影響を受けた現代沖縄料理へ、フルーツのくに・山原へ。そして、沖縄の心の真ん中に座っている古酒の世界へ。人と出会い、風に揺られ、身体で感じながら見えてきたものは―。
目次
プロローグ マチグヮーの二階から
第1章 宮廷料理
第2章 神さまと食べる
第3章 ネガティブをポジティブに
第4章 アメリカから、南米から
第5章 フルーツのくに、山原へ行こう
第6章 泡盛ルネッサンス
第7章 与那国花酒紀行
エピローグ 生きることは食うことや

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 沖縄美味の島 食べる、飲む、聞く
  • 沖縄美味の島 食べる、飲む、聞く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中