ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 健康法と癒しの社会史

  • 健康法と癒しの社会史

健康法と癒しの社会史

  • 田中聡/著 田中 聡(タナカ サトシ)
    1962年、富山県生まれ。富山大学文学専攻科修了

  • シリーズ名
    復刊選書 6
  • ISBN
    978-4-7872-2018-9
  • 発売日
    2006年09月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 身体の価値は、生産性から消費性そして商品性へと変遷し、健康への欲望とその陰に潜むコンプレックスはますます肥大していく。おかしくも奇妙な数々の健康法・民間療法の歴史を概観し、近代日本の身体観=生命観を凝視して、健康願望の源流をたどる。
目次
序 今も「健康ブーム」か
1 「健康」フェティシズムの日本史
2 “秘法”の部(呼吸法の社会史
もっとも近くて遠い秘薬―人肉
回春法の社会史
健康グッズの博物誌 ほか)
2 “癒し”の部(コンプレックス産業と“癒し”
紙風船と“癒し”―富山売薬の世界
宗教と医療の狭間の技術
“嫉妬”の共同体と呪術の世界)
4 近代健康法創始者列伝

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 健康法と癒しの社会史
  • 健康法と癒しの社会史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中