ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 核燃料サイクルの闇 イギリス・セラフィールドからの報告

  • 核燃料サイクルの闇 イギリス・セラフィールドからの報告

核燃料サイクルの闇 イギリス・セラフィールドからの報告

  • 秋元健治/著 秋元 健治(アキモト ケンジ)
    1959年、青森県弘前市に生まれる。早稲田大学社会科学部卒業、東北学院大学経済学研究科(経済学修士)、岩手大学大学院連合農学研究科(農学博士)。日本女子大学家政学部家政経済学科助教授

  • ページ数
    260p
  • ISBN
    978-4-7684-6931-6
  • 発売日
    2006年07月

2,300 (税込:2,484

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 放射能と失業のはざまに生きる悲劇。六ヶ所村の未来をイギリス・セラフィールドに見る。
目次
核時代のはじまり
原子爆弾への憧れ―核工場の建設
女王陛下の原発―その栄光と挫折
“ウィンズケール・ファイアー”―封印された核事故
イギリスの再処理事業―技術的困難と商業主義
ウィンズケール公聴会―核貿易と“プルトニウム社会”
繰り返される事故―とまらない放射能漏洩
不可解な死―ガンと白血病に苦しむ人びと
地域住民―放射能汚染と失業の狭間で
核産業の労働者―雇用の維持と被曝労働
再処理―その構想と誤算
遅れてきた日本の核燃料サイクル―六ヶ所村
核時代の終焉と負の遺産

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 核燃料サイクルの闇 イギリス・セラフィールドからの報告
  • 核燃料サイクルの闇 イギリス・セラフィールドからの報告

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中