ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シーボルト、波瀾の生涯

  • シーボルト、波瀾の生涯

ポイント倍率

シーボルト、波瀾の生涯

  • ヴェルナー・シーボルト/著 酒井幸子/訳 シーボルト,ヴェルナー(Siebold,Werner)
    1887~1970。ドイツの高名な作家。ドイツにおける自然保護のパイオニア的存在で、主として狩猟を題材とした青少年向けの本を数多く書いている

    酒井 幸子(サカイ サチコ)
    昭和17年4月8日、岡山県岡山市生まれ。青山学院大学文学部英米文学科卒業

  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-88622-334-0
  • 発売日
    2006年08月

2,200 (税込:2,376

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸時代末期、鎖国下の日本で西洋医学の実践と教育にたずさわる一方、日本の動植物、民俗、地理などを研究した歴史的な人物シーボルト―。その足跡をたどり、波瀾に満ちた生涯を描く。
目次
日本への旅立ち―嵐、難破船の人々、出島のオランダ商館、そして時は停止してしまったのだろうか?
出島―日本・オランダ貿易の発展
外科医シーボルト―シーボルトの講義及び治療
其扇―シーボルトの契約結婚
ケンペルとツンベルク―記念碑の建立及び江戸参府
江戸参府―小倉まで陸路で、播磨の室まで船で、駕籠に乗り大坂・京都経由で江戸へ
江戸滞在及び帰途―日本人招待客、将軍謁見、幕府天文方高橋作左衛門
出島及び長崎での研究時代―新商館長、ミミ夫人、地震、台風、裏切り、家宅捜索
かけられた嫌疑―本多佐渡守、自宅軟禁、尋問、日本の友人達を庇うシーボルト
追放―続く取り調べ、幕府天文方の死、日本御構い、別れ
バタヴィア経由でオランダへ―オランダ領東インド総督との会見、オランダでの歓迎、ヴュルツブルグ訪問及び名誉博士号の授与、ヘレーネ・フォン・ガーゲルンとの結婚、精力的な仕事、日本を訪れたアメリカ人、シーボルトのロシア訪問
再び日本へ―渡航準備、アレキサンダーとの旅立ち、バタヴィアで、出島到着、日本の友人達、日本の政治情勢、プロイセン使節団、ヒュースケン殺害、六十五歳の誕生日
江戸滞在―横浜到着、江戸の赤羽接遇所、英国公使館襲撃、シーボルトの日本政府への提言、陰謀、通訳官アレキサンダー、別れ
晩年―再びオランダで、年金退職、ナポレオン三世に謁見、三度目の日本渡航計画、シーボルトの死

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Ein deutscher gewinnt Japans Herz
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • シーボルト、波瀾の生涯
  • シーボルト、波瀾の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中