ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • メイコとカンナのことばの取説

  • メイコとカンナのことばの取説

メイコとカンナのことばの取説

  • 中村メイコ/著 神津カンナ/著 中村 メイコ(ナカムラ メイコ)
    女優。作家・故・中村正常の長女として東京に生まれる。2歳8ヶ月で映画「江戸っ子、健ちゃん」でデビュー。1957年、作曲家・神津善行氏と結婚。長女・十月(カンナ)、次女・八月(はづき)、長男・善之介の一男二女の母。現在も舞台、ドラマ、映画、ラジオ、執筆と幅広く活躍中

    神津 カンナ(コウズ カンナ)
    作家。作曲家の神津善行、女優の中村メイコの長女。『親離れするとき読む本』(集英社)は体験的家族論としてベストセラーとなる。以後、執筆活動の他、テレビ、ラジオの出演、講演、また、独立行政法人国立国語研究所外来語委員会委員をはじめとする公的機関や民間団体の審議委員などを数多く務める

  • ISBN
    978-4-7505-0607-4
  • 発売日
    2006年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 片や芸歴ウン十年のことばのベテラン、片や理詰めでことばを追う娘。丁々発止でつむぐ人生の諸事に効く“ことばの手習い集”。
目次
第1章 敬語を使いたい、だけど自信がないという人への処方箋(気が楽になる「敬語」の取説:普段の“溜めこみ”が物を言う)
第2章 知っておきたい「印象のいいことば、悪いことば」(そのことば、ちょっと問題です
このカタカナ語、どうにかしてよ)
第3章 メイコ流、カンナ流―遺したいことば、噛みしめたいことば(ややクラシック、でも絶妙な言い回し
もっと別の言い方はないか、とさぐってみる)
第4章 こんな話し方が断然、人を惹きつける(ことば以外のものの大切さを知る
会話をもっと楽しく、深くする秘訣)
第5章 親がイキイキすると、子どものことばもイキイキしてくる(「読む」「聞く」「書く」で子どもをワクワクさせる
いいことばを持ってお嫁に行こう)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • メイコとカンナのことばの取説
  • メイコとカンナのことばの取説

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中