ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 漱石と不愉快なロンドン

  • 漱石と不愉快なロンドン

漱石と不愉快なロンドン

  • 出口保夫/著 出口 保夫(デグチ ヤスオ)
    1929年、三重県松阪市に生まれる。早稲田大学大学院修了。早稲田大学教授、オクスフォード大学キャンピオン・ホール上級客員教授、イギリス・ロマン派学会長、ロンドン漱石記念館名誉館長などを歴任して、現在早稲田大学名誉教授。専攻は英文学。日本翻訳文化賞、国際アカデミー賞、大隈学術記念褒賞、神奈川文化賞を受賞

  • ページ数
    304p
  • ISBN
    978-4-7601-2913-3
  • 発売日
    2006年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 漱石が直面した近代西洋文明の内実と、外国生活における内面に照射・検証した漱石研究の決定版。(国語・国文学図書総目録より)
目次
一九〇〇年 明治33年(プロイセン号の船旅とパリ万博
ロンドンの雑踏に巻き込まれる
留学地をロンドンに決める
不安な下宿とマイルド家の人びと
クレイグ先生のもとに通う)
一九〇一年 明治34年(侘しい「新世紀」のはじまり
ヴィクトリア女王の御大葬を見る
揺れる心とノスタルジー ほか)
一九〇二年 明治35年(帰りたくない気持
暗転―「夏目狂セリ」
ハイランドの秋とディクスン
帰国―「妙ちきりん」な不安)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

漱石が直面した近代西洋文明の内実と、外国生活における内面に照射・検証した漱石研究の決定版。

ページの先頭へ

閉じる

  • 漱石と不愉快なロンドン
  • 漱石と不愉快なロンドン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中