ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 起請文の精神史 中世世界の神と仏

  • 起請文の精神史 中世世界の神と仏

起請文の精神史 中世世界の神と仏

  • 佐藤弘夫/著 佐藤 弘夫(サトウ ヒロオ)
    1953年生まれ。東北大学文学部史学科卒業。同大学大学院文学研究科博士前期課程修了。東北大学大学院文学研究科教授。専門は日本中世思想史

  • シリーズ名
    講談社選書メチエ 360
  • ページ数
    210p
  • ISBN
    978-4-06-258360-2
  • 発売日
    2006年04月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中世日本の神仏習合的世界の精神構造を解明なぜ天照大神に誓いを立ててはならないのか? 神と仏はどちらが上位なのか? 小さな起請文の紙片から、そこに隠された壮大な中世日本のコスモロジーを読み解く
目次
序章 方法としての起請文
第1章 起請文を読む
第2章 紙と死霊のあいだ
第3章 垂迹する仏たち
第4章 神を拒否する人々
終章 パラダイムに挑む

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「なぜ天照大神に誓いを立ててはならないのか?」「神と仏はどちらが上位なのか?」中世日本のコスモロジーを読み解く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 起請文の精神史 中世世界の神と仏
  • 起請文の精神史 中世世界の神と仏

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中