ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 居住福祉資源発見の旅 新しい福祉空間、懐かしい癒しの場

  • 居住福祉資源発見の旅 新しい福祉空間、懐かしい癒しの場

居住福祉資源発見の旅 新しい福祉空間、懐かしい癒しの場

  • 早川和男/著 早川 和男(ハヤカワ カズオ)
    1931年奈良市に生まれる。1955年京都大学工学部建築学科卒。長崎総合科学大学工学部建築学科特任教授、日本福祉大学客員教授、神戸大学名誉教授。国際居住福祉研究所所長。日本居住福祉学会会長。受賞―日本都市計画学会第1回論文賞、今和次郎賞他

  • シリーズ名
    居住福祉ブックレット 1
  • ISBN
    978-4-88713-658-8
  • 発売日
    2006年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地域社会の中の一見、福祉とは無関係とみられる文化や施設などにも、高齢者の健康と生きがい、暮らしと福祉を支えているものが多数ある。本書ではこれを「居住福祉資源」と位置づけ、それを発見・評価し、その保全、再生、創造にとりくむ人々を現地に訪ねてみる。
目次
1 寺社(「おばあちゃんの原宿」とげ抜き地蔵―東京巣鴨
仏にかこまれたケア空間「くぎぬき地蔵」―京都西陣 ほか)
2 暮らしの中の居住福祉資源(懐かしさに癒される銭湯―京都「石川湯、泉涌寺湯」
人生をとりもどす住居―大阪・釜ケ崎「サポーティブハウス」 ほか)
3 公共・公益施設(無人駅に集う高齢者たち―鳥取県・八橋駅
ローカル線・路面電車の福祉機能―千葉県「いすみ鉄道」・広島電鉄他 ほか)
4 村と町を居住福祉空間にする(「ニュータウンの再生」―大阪府・千里ニュータウン
防災対策と日常の居住福祉政策にあり―「阪神大震災」の教訓 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 居住福祉資源発見の旅 新しい福祉空間、懐かしい癒しの場
  • 居住福祉資源発見の旅 新しい福祉空間、懐かしい癒しの場

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中