ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フェルマーの最終定理
  • フェルマーの最終定理

  • フェルマーの最終定理
  • フェルマーの最終定理

フェルマーの最終定理

  • サイモン・シン/〔著〕 青木薫/訳 シン,サイモン(Singh,Simon)
    1967年、イギリス生れ。祖父母はインドからの移民。ケンブリッジ大学大学院で素粒子物理学の博士号を取得し、ジュネーブの研究センターに勤務後、英テレビ局BBCに転職。TVドキュメンタリー『フェルマーの最終定理』(’96年)で国内外の賞を多数受賞し、’97年、同番組をもとに第1作である『フェルマーの最終定理』を書き下ろす。第2作『暗号解読』、第3作『ビッグバン宇宙論』(以上新潮社刊)がいずれも世界的ベストセラーとなり、科学書の分野で世界トップクラスの高い評価を得ている

    青木 薫(アオキ カオル)
    1956年、山形県生れ。京都大学理学部卒業、同大学院修了。理学博士。翻訳家

  • シリーズ名
    新潮文庫 シ-37-1
  • ISBN
    978-4-10-215971-2
  • 発売日
    2006年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

790 (税込:869

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが―。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション。
目次
第1章 「ここで終わりにしたいと思います」
第2章 謎をかける人
第3章 数学の恥
第4章 抽象のなかへ
第5章 背理法
第6章 秘密の計算
第7章 小さな問題点
第8章 数学の大統一
補遺

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 一般

商品のおすすめ

【高校生~】
「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない。」フェルマーのこの言葉が,多くの数学者を魅了し,そして,挫けさせた。

本書は,フェルマーの最終定理にまつわるノンフィクション(解説書ではありません)。定理誕生から証明完成までのストーリーが,数学者たちの苦悩とともにドラマティックに描かれています。特に「数学はちょっと・・・」という方に手にとっていただきたい一冊。数学に対する感情が(ほんの少しだけど)変わるはずです。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中