ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 読み書き障害〈ディスレクシア〉のすべて 頭はいいのに、本が読めない

  • 読み書き障害〈ディスレクシア〉のすべて 頭はいいのに、本が読めない

読み書き障害〈ディスレクシア〉のすべて 頭はいいのに、本が読めない

  • サリー・シェイウィッツ/著 藤田あきよ/訳 加藤醇子/医学監修 シェイウィッツ,サリー(Shaywitz,Sally)
    M.D.神経科学者であり、エール大学小児科学の教授である。また、エール大学学習・注意力研究センターの責任者の一人でもある。全米科学アカデミー医学研究所のメンバーでもあり、議会から最も効果的な読字プログラムの特定を委託された全米リーディング委員会のメンバーでもある。『サイエンティフィック・アメリカン』や『ニューヨークタイムズ』などへの執筆も多い。シェイウィッツ博士は全米各地で講演を行い、全米ネットのメディアにも定期的に出演している。コネチカット州ウッドブリッジとマサチューセッツ州マーサズヴィンヤードに夫と共に住む

    藤田 あきよ(フジタ アキヨ)
    東京都出身。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。オハイオ州立大学大学院教育学部幼児教育学科修士課程修了

    加藤 醇子(カトウ ジュンコ)
    横浜市立大学医学部卒。旧関東逓信病院、旧伊豆逓信病院などで、小児神経科医としてLD、自閉症などの症例担当。都立府中療育センター、瀬川小児神経学クリニック、横浜市南部地域療育センター、小児療育相談センターを経て、平成7年、LD、ADHD、高機能自閉症、アスペルガー症候群などの発達問題を中心とするクリニック・かとうを開設。平成2年、典型的なディスレクシアの事例と出会い、平成8年よりマサチューセッツ総合病院ヘインズ、フック、マカルーソ博士らとLD児日米比較研究を実施。国際ディスレクシア協会(IDA)の会員であり、IDAグローバル・パートナーシップである、発達性ディスレクシア研究会(JDRA)代表。日本LD学会理事(任期平成18年)

  • ページ数
    374p
  • ISBN
    978-4-569-64859-0
  • 発売日
    2006年04月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • LD(学習障害)の中心となるディスレクシアを、米国の第一人者が解き明かす決定版。
目次
1 「読むこと」とディスレクシア(正しい知識が力を生む
ディスレクシア研究のはじまり ほか)
2 診断(ディスレクシアを発見する―小学校入学前
ディスレクシアを発見する―小学校入学後 ほか)
3 読める子に育てる(すべての子は読めるようになる
記号と音との対応を支援する ほか)
4 ディスレクシアを克服する―困難から習熟へ(サムはいかにして読めるようになったか
ディスレクシアの指導プログラム ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Overcoming dyslexiaの抄訳
対象年齢 一般

商品のおすすめ

アメリカでは5人に1人、日本でも大きな問題になっている失読症。その解説書としてアメリカで最高の評価を受ける決定版、ついに邦訳。

ページの先頭へ

閉じる

  • 読み書き障害〈ディスレクシア〉のすべて 頭はいいのに、本が読めない
  • 読み書き障害〈ディスレクシア〉のすべて 頭はいいのに、本が読めない

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中