ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ルイズが正子であった頃

  • ルイズが正子であった頃

ポイント倍率

ルイズが正子であった頃

  • ルイズ・ルピカール/著 ルピカール,ルイズ(Lepicard,Louise)
    1928年3月、父マクシム・ルピカール、母里ヤイの第四子、長女として仏印サイゴンに生まれる。1937年、母の実家である長崎・戸石に2ヶ月のヴァカンスの予定で家族と共に来日。支那事変の勃発で帰路を断たれ、以後第二次世界大戦終了後の1948年まで11年間、東京、横浜、長崎と日本で過ごす。現在フランス南部の古都トゥルーズ在住

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-89642-161-3
  • 発売日
    2006年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦争に翻弄され、時代に呑み込まれつつも、自分を失うことなく明るく朗らかに生き抜いた少女の多彩で数奇な二十歳までの前半生。今、明らかにされる昭和秘史。
目次
第1章 最後のヴァカンス―昭和十二~十六年(船の旅
船内の食堂と昼寝 ほか)
第2章 横浜時代―昭和十六年八月~十八年末(寄宿生活の終局
お手伝い・ご用聞き ほか)
第3章 横浜から長崎へ疎開―昭和十八年末~二十年六月(軽井沢収容を免れる
長崎疎開当時の情勢 ほか)
第4章 収容所生活と終戦―昭和二十年(濠州も占領した日本軍?
米軍沖縄上陸始まる ほか)
第5章 目撃した戦後―昭和二十~二十三年(戦い済んで
敗戦のシンボル ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ルイズが正子であった頃
  • ルイズが正子であった頃

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中