ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • とどけ平和の唄 八路軍に参加した日本人技術者

  • とどけ平和の唄 八路軍に参加した日本人技術者

とどけ平和の唄 八路軍に参加した日本人技術者

  • 水野雅教/著 水野 雅教(ミズノ マサノリ)
    1920年生まれ。夜学の工業学校在学中に陸軍技術本部の機械設計者として勤務。卒業後、旧満州鞍山の昭和製綱所に入社した。終戦後、47年に八路軍による技術員募集に応募し、密山で機械設計職に従事。53年6月に帰国後は設計畑一筋を歩む。横浜市在住

  • ページ数
    220p
  • ISBN
    978-4-434-07712-8
  • 発売日
    2006年04月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大東亜戦争後、旧満州に留まり中共八路軍で設計技師として活躍した著者が、自らの体験と平和へのメッセージを綴る。
目次
断固と守れ平和の日の本を
私は何故、八路軍に参加したのか
目的地、密山へ
密山での仕事
未知の機械も助言にて完成
鉄製の煙突
肖部長と江刺夏さん
英知の部長、江刺夏さん
政治委員
資産階級
聡明の友、篠沢さん
ハルピン出張
四平出張と、八路軍の瀋陽攻撃
幹部宿舎に移転
撫順転勤、帰国近し

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • とどけ平和の唄 八路軍に参加した日本人技術者
  • とどけ平和の唄 八路軍に参加した日本人技術者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中