ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ある戦中派の軌跡

  • ある戦中派の軌跡

ある戦中派の軌跡

  • 鈴木敏子/著 鈴木 敏子(スズキ トシコ)
    1924年福島縣生れ。1940年縣立福島高等女学校卒。1942年縣立福島女子師範学校二部卒。1960年~1976年国立療養所多磨全生園、全生園分教室小学校勤務。現在、四十余年間日本文学協会会員として、各部会に出席、機関誌「日本文学」に論文等を発表

  • ページ数
    438p
  • ISBN
    978-4-7620-1481-9
  • 発売日
    2006年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦争を生きた「戦中派」という深い意識を基底に、著作を収録。個人史、時代史として貴重な一冊。(国語・国文学図書総目録より)
目次
戦前編=戦中編(一九三〇年(S五)‐一九三六年(S一一)六歳~十二歳―尋常小学校時代
一九三六年(S一一)‐一九四〇年(S一五)十二歳~十六歳―縣立福島高等女学校時代
一九四〇年(S一五)‐一九四二年(S一七)十六歳~十八歳―縣立福島女子師範学校時代
一九四二年(S一七)‐一九四三年(S一八)十八歳~十九歳―相馬郡飯曾村国民学校訓導時代 ほか)
戦後編(「自由大学サークル」について
「日本文学協会」について
原水禁運動についてわたしの考えること(一九六三年『日本文学』一一月号(時評))
新美南吉「ごんぎつね」(一九六五年『日本文学』一月号) ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

戦争を生きた「戦中派」という深い意識を基底に、著作を収録。個人史、時代史として貴重な一冊。

ページの先頭へ

閉じる

  • ある戦中派の軌跡
  • ある戦中派の軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中