ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 気づいたら、カメラ馬鹿。

  • 気づいたら、カメラ馬鹿。

ポイント倍率

気づいたら、カメラ馬鹿。

  • 郡山総一郎/著 郡山 総一郎(コオリヤマ ソウイチロウ)
    1971年、宮崎県生まれ。2001年から写真取材を開始。同年「イスラエルの現実」と題した写真で、よみうり写真大賞奨励賞を受賞。タイ、フィリピン、アフガニスタン、イラク、カンボジアなどを取材。月刊誌、週刊誌などに写真を発表している

  • シリーズ名
    エイ文庫 121
  • ページ数
    187p
  • ISBN
    978-4-7779-0559-1
  • 発売日
    2006年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

650 (税込:702

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2004年4月の「イラク邦人・人質事件」で自己責任を問われた著者・郡山総一郎が、6年間のフォト・ジャーナリスト遍歴を語った一冊。紛争のパレスチナを撮影しようと思い立ち、初めてのカメラ、ニコンF3、ニコンFM2で“自主訓練”を積んだ後に売却。ニコンF3、ニコンFM2を揃えて現地入りした。その後も機材を買っては売り取材費を捻出、気が付けば立派な「カメラ馬鹿」となってしまった著者が、これまでに使ってきた機種とともに、紛争地・貧困地の取材記録を綴る。
目次
まえがき 僕とカメラと海外取材
きっかけは突然に
「報道ならニコンでしょ」
自主訓練
初取材まであと2か月
憧れの地、パレスチナ
Qサカマキさんとの出会い
就職後即退職、パキスタンへ
自覚
僕とパソコンの関係〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 気づいたら、カメラ馬鹿。
  • 気づいたら、カメラ馬鹿。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中