ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 草花とよばれた少女

  • 草花とよばれた少女

草花とよばれた少女

  • シンシア・カドハタ/著 代田亜香子/訳 カドハタ,シンシア(Kadohata,Cynthia)
    1956年シカゴ生まれの日系三世。ロスアンジェルス在住。1989年The Floating World(邦訳『七つの月』講談社)で注目を浴びる。初のヤングアダルト作品Kira‐Kira(邦訳『きらきら』白水社)で児童文学の最も重要な賞ニューベリー賞を受賞

    代田 亜香子(ダイタ アカコ)
    立教大学英米文学科卒

  • ページ数
    240p
  • ISBN
    978-4-560-02743-1
  • 発売日
    2006年05月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 真珠湾攻撃が一人の日系少女の人生を変えた!カリフォルニアで平和に花農家を営む日系家族を突然おそった苛酷な運命。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Weedflower
対象年齢 中学生 一般

商品のおすすめ

両親を亡くし叔父夫婦の花農園で暮らす日系少女スミコの運命を、真珠湾攻撃が大きく変えた。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

日系人の12歳のスミコは花農家に引きとられて暮らしています。冒頭で誕生日会に誘われるのですが、門前払いをされます。この出来事からしても日本人がアメリカで差別されていたことがわかるのですが、第二次世界大戦下、日系人は敵国ということで収容所に収容されるのです。ある日を境に持っていた財産を失い、全く別の生活を余儀なくされること、戦争でなくても地震による被災でも。読んだ時期が、東日本大震災の後ということで、スミコの置かれた状況がどうしても重なってしまいました。なぜかといえば、地震を契機に日本人であることを強く意識したことです。収容所の生活で聞かれる日本人的な言葉「ハジ」「シカタガナイ」「ガマン」などは、すべて日本人であることのアイデンティティの一部だからです。物の豊かな時代でも、過酷な現実は襲うことがあり、そのことに人としてどう立ち向かうのか、絶望し怠け者になる者もいるでしょう。でも、スミコは花農家で得た経験を活かしながら収容所でも花を作るのです。戦時中の日系人のことは、ドラマなどでも見たことがあります。日本人であることを選ぶのか、住んでいる国であるアメリカ人であることを選ぶのかは、究極の選択でしょう。YA作品を読み始めたところですが、どれも外国人が主人公、この作品については日系三世の作家が描いていること、主人公が日系人ということで、どうしても自分の身に引き付けて読むので、状況がとても切なく響いてきました。とても深刻な話でありながらも、スミコのひたむきな芯の強さや希望を失わない姿に清々しさを覚えるのでした。(はなびやさん 40代・愛知県○市 男9歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 草花とよばれた少女
  • 草花とよばれた少女

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中