ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 神道と日本文化

  • 神道と日本文化

神道と日本文化

  • 渡辺勝義/著 渡辺 勝義(ワタナベ カツヨシ)
    昭和19年11月生まれ。福岡県出身。國學院大学大学院文学研究科(神道学専攻)博士課程前期修了。九州大學大学院文学研究科「社会学」(宗教学・宗教社会学専攻)博士課程修了。文學博士(九州大學)。現職、長崎ウエスレヤン大学教授(日本文化論・比較文化論)、学部長。(財)大阪國學院通信教育部・神道古典(古事記・日本書紀)講師。所属する主な学会、日本宗教学会、神道宗教学会、「神道行法と日本文化」学会。古道学研究会、神道神話研究会、日本の心を学ぶ会などを主宰

  • ページ数
    264,39p
  • ISBN
    978-4-434-07559-9
  • 発売日
    2006年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,333 (税込:3,600

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本文化の中核をなす「祭り」の本義から説き起こし、本当の自分との出会い、近代精神医学の限界、人はなぜ精神を病むのか、人間死後の霊魂の行方、穢れとは何か、怨親平等の鎮魂、靖国神社問題、神道行法など、余すところなく語り尽くす。
目次
第1章 「まつり」に関する考察
第2章 死者からのまなざしと鎮魂
第3章 実存的不安と託宣
第4章 霊魂の行方
第5章 記紀古典に見る「穢れ」の意味
第6章 怨親平等の鎮魂
第7章 神道行法としての「鎮魂の法」―神性発揮の道

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 神道と日本文化
  • 神道と日本文化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中