ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 失われた時を求めて 完訳版 1

  • 失われた時を求めて 完訳版 1

失われた時を求めて 完訳版 1

  • マルセル・プルースト/〔著〕 鈴木道彦/訳 プルースト,マルセル(Proust,Marcel)
    1871.7.10‐1922.11.18。フランスの作家。パリ近郊オートゥイユに生まれる。若い頃から社交界に出入りする一方で、文学を天職と見なして自分の書くべき主題を模索。いくつかの習作やラスキンの翻訳などを発表した後に、自伝的な小説という形で自分自身の探究を作品化する独自の方法に到達。その生涯のすべてを注ぎ込んだ大作『失われた時を求めて』により、20世紀の文学に世界的な規模で深い影響を与えた

    鈴木 道彦(スズキ ミチヒコ)
    1929年生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒。一橋大学、獨協大学教授を経て、獨協大学名誉教授。1954年に渡仏。パリにて三年余りの研究生活を送るあいだに、プルーストの自筆やタイプ原稿を検討する機会を与えられる。それらにもとづいて帰国後にフランス語で発表した「プルーストの“私”」(1959)は、語り手の無名性を最初に立証する論文となった。プルースト研究のほかに、サルトル、ニザン、ファノンなどの研究・紹介を行う。また1960年代から70年代にかけて、数年のあいだ、反戦運動、在日朝鮮人の立場を擁護する運動などに従事

  • シリーズ名
    集英社文庫 P1-1 ヘリテージシリーズ
  • 巻の書名
    第一篇 スワン家の方へ 1
  • ページ数
    495p
  • ISBN
    978-4-08-761020-8
  • 発売日
    2006年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 無意志的意志によって蘇る全コンブレー。
    ある冬の日、紅茶にひたしたひと口のマドレーヌからふと蘇るコンブレーの記憶、サンザシの花、少女ジルベルトの瞳、サン=ティレールの鐘塔。そこで過ごした少年の日々を貫く二つの散歩道―。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原タイトル:〓 la recherche du temps perdu
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 失われた時を求めて 完訳版 1
  • 失われた時を求めて 完訳版 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中