ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 演技核心論

  • 演技核心論

演技核心論

  • 友沢晃一/著 友澤 晃一(トモザワ コウイチ)
    1961年、東京生まれ。倉本聰主宰富良野塾一期生。脚本家として『アリよさらば』『家族A』『将太の寿司』など200本以上のテレビドラマを執筆。演出家としてミュージカル『LETTER』『BROKEN HEART』『サタデーナイトフィーバー』『ID』などを演出。2001年から演技ワークショップT1projectを主宰

  • ISBN
    978-4-8460-0619-8
  • 発売日
    2005年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 俳優は絶対に、“脚本・衣装・美術・照明・音楽・演出に負けてはならない”との視座から独力でT1projectを立ち上げ、思考する演技を追求する著者の渾身の書き下ろし。
目次
この本を書こうと思った動機
俳優という存在
演技に違いがあるのか?
俳優が伝えるべきもの
美しくなるためのキーワード
才能のある俳優は緊張する
集中するとはどういうことなのか?
俳優にとってセリフは重要か?
感情を湧き上がらせるには?
脚本に埋没する俳優たちへ〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 演技核心論
  • 演技核心論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中