ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダマす人、ダマされる人の心理学 恋愛、ビジネスのウラ技からサギ師のテクニックまで

  • ダマす人、ダマされる人の心理学 恋愛、ビジネスのウラ技からサギ師のテクニックまで

ダマす人、ダマされる人の心理学 恋愛、ビジネスのウラ技からサギ師のテクニックまで

  • 樺旦純/著 樺 旦純(カンバ ワタル)
    心理学者、作家。1938年、岩手県生まれ。産業能率短期大学で人事労務関連教科、同大経営監理研究所で創造性開発の研究、指導に携わり、産業教育研究所所長を経て、現在に至る。企業などの社員研修、能力開発を全国規模で精力的にこなすほか、わかりやすい語り口のセミナー・講演でも人気を博している

  • ISBN
    978-4-569-64827-9
  • 発売日
    2006年03月

476 (税込:514

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1章 なぜ人間は騙されるのか?(みんな嘘にまみれて生きている
嘘が日常生活を刺激的にする ほか)
第2章 日常生活に潜む、ちょっとした嘘のメカニズム(譲歩を引き出したつもりが、うまく乗せられている!―突飛な要求を断らせて、罪悪感を抱かせるテク
「オイシイ話」だったはずが…―いったん引き受けると、後で断りにくいという心理 ほか)
第3章 思わず買っちゃう!?巧みなビジネス・テクニック(「あれか、これか」で迫られると弱い―迷っていたのに、いつの間にか「買う」ことになっている心理
「客寄せ商品」の魔の手―よりよいものを見せられたら欲しくなる ほか)
第4章 こうしてあなたも騙される(無料体験で負い目をつくる―エステ商法の心理戦
「医学博士の推薦文」には弱い―虎の威を借る「光背効果」 ほか)
第5章 男と女はいつも「騙しあい」(頻繁に会っていると、いつかは好きになる?―「いつもいっしょに帰ってた」だけで親密に
「デートは遊園地」は効果的―乗り物によるドキドキが、恋のドキドキにすりかわる ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ダマす人、ダマされる人の心理学 恋愛、ビジネスのウラ技からサギ師のテクニックまで
  • ダマす人、ダマされる人の心理学 恋愛、ビジネスのウラ技からサギ師のテクニックまで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中