ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 愛犬王平岩米吉伝

  • 愛犬王平岩米吉伝

愛犬王平岩米吉伝

  • 片野ゆか/著 片野 ゆか(カタノ ユカ)
    1966年東京生まれ。東洋大学社会学部卒。人材募集広告の営業職を経て、フリーライターに。人と犬の生活をテーマにしたもの全般、グルメ・食文化、美容・ダイエット、各種生活情報などについて雑誌、書籍等で執筆。『愛犬王―平岩米吉伝』で第12回ノンフィクション大賞受賞

  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-09-389703-7
  • 発売日
    2006年04月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 昭和初期から犬と狼の生態の研究に尽力した民間の大学者の驚くべき生涯を描く本格評伝。第12回小学館ノンフィクション大賞受賞。
目次
第1章 狼に憧れた神童
第2章 白日荘のにぎやかな住人
第3章 動物文学に集う人々
第4章 愛犬の系譜
第5章 戦火のなかの動物
第6章 犬は笑うのか?
第7章 狼との対話
第8章 奇人先生の愛した犬たち

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

"愛する犬の研究に生涯を捧げた男の本格評伝。昭和のはじめ東京の自由が丘の自宅で、犬数十匹に加え、朝鮮狼、ジャッカル、狸、狐、ハイエナ、ジャコウネコなど、犬科の動物とともに生活し、その生態を研究した男がいた。気に入りの犬と寝食を共にし、狼を飼い慣らして銀座を散歩させた。どこの学会にも所属せず、独りで続けた研究生活。その姿は、風刺漫画家・近藤日出造の「昭和奇人伝」に""植物の牧野富太郎""と並んで""動物の平岩米吉""と紹介された。大正から昭和初期、大戦中、戦後の混乱期、高度成長期時代、そして現代へ―。激しい変化を遂げた時代のなかで、犬を愛し、その研究に没頭した男の本格評伝。第12回小学館ノンフィクション大賞受賞作。"

ページの先頭へ

閉じる

  • 愛犬王平岩米吉伝
  • 愛犬王平岩米吉伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中