ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レヴァイアサン  35

  • レヴァイアサン  35

レヴァイアサン  35

  • ISBN
    978-4-8332-1151-2
  • 発売日
    2004年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,200

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • この数年,日本の政治学界には新しい流れが生まれています。本誌はこの新しい流れの学問的コミュニティに一つのフォーラムを提供し,一層旺盛な批判と反批判の場を作ることで,政治学研究を活性化することを狙いとしています。
    創刊号から21号までは,現在顧問として大所高所から,見守って下さっている方々が担いました。現在はいわば二代目世代に属する名実ともに第一線で活躍中の研究者が各号を担当しています。
     また書評欄を充実させ,批判と反批判という本誌の狙いをより鮮明にするよう心がけております。
目次
<特集論文>
ヨーロッパ政治と「憲法化」―法システムと政治システムの間― 小川 有美
都道府県の法定外税導入の分析 北 村  亘
社会資本整備の政治過程における決定のルールとアリーナ 高松淳也
<独立論文>
政治的対立軸の認知構造と政党―有権者関係 平野 浩
沖縄県民投票に関する計量分析
―迷惑施設をめぐる有権者の投票行動― 塩沢健一
国会中心主義と議院内閣制 川人貞史

<誌上論争>
〔解 題〕 議会研究と国会研究の間で 待鳥聡史
〔批判的書評〕 国会は「多数主義」か「討議アリーナ」か?
 増山幹高著『議会制度と日本政治 議事運営の計量政治学』(木鐸社,2003年)をめぐって 福元健太郎
〔応 答〕 福元書評に対するコメント 増山幹高

<書 評>
納家政嗣著『国際紛争と予防外交』(有斐閣,2003年) 赤根谷達雄
牧原出著『内閣政治と「大蔵省支配」――政治主導の条件』(中公叢書,2003年) 大山耕輔
西平重喜著『各国の選挙――変遷と実状』(木鐸社,2003年) 加藤秀治郎
川人貞史著『選挙制度と政党システム』(木鐸社,2004年) 品田 裕
大山礼子著『比較議会政治論
―ウェストミンスターモデルと欧州大陸型モデル』(岩波書店,2003年) 高橋直樹
唐渡晃弘著『国民主権と民族自決
―第一次大戦中の言説の変化とフランス』(木鐸社,2003年)  坪井善明
待鳥聡史著『財政再建と民主主義』(有斐閣,2003年)  中林美恵子
大矢根聡著『日米韓半導体摩擦~通商交渉の政治経済学』(有信堂,2002年)
中戸祐夫著『日米通商摩擦の政治経済学』(ミネルヴァ書房,2003年)  野林 健
的場敏博著『現代政党システムの変容:90年代における危機の深化』(有斐閣,2003年)  吉野 孝

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • レヴァイアサン  35
  • レヴァイアサン  35

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中