ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • セント=ヘレナ覚書

  • セント=ヘレナ覚書

セント=ヘレナ覚書

  • ラス・カーズ/〔著〕 小宮正弘/編訳 小宮 正弘(コミヤ マサヒロ)
    1941年生まれ。東京大学文学部卒業。仏文専攻。出版社入社後、パリ国立図書館版画部に出向。のちフランス国立東洋言語文化学院大学(INALCO)講師を経て、静岡産業大学情報学部教授(比較文化社会論)

  • ページ数
    366p
  • ISBN
    978-4-267-01710-0
  • 発売日
    2006年03月

2,095 (税込:2,263

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 流謫のナポレオン、剣を言葉にかえた最後の闘い。ナポレオン研究の泰斗、渾身の編訳、ついに完成。
目次
受難への道
セント=ヘレナ島へ
赤道通過
上陸
ブライヤーズの小径
ロングウッド
幽囚
時の壁
新任総督
死の影の下で
悲劇の回想
深まる亀裂
窮乏
迫る雷雨
落日の栄光
別離

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Le m〓morial de Sainte‐H〓l〓neの抄訳
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • セント=ヘレナ覚書
  • セント=ヘレナ覚書

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中