ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 燃えさかる火のそばで シートン伝

拡大

  • 燃えさかる火のそばで シートン伝

燃えさかる火のそばで シートン伝

  • ジュリア・M.シートン/著 佐藤亮一/訳 シートン,ジュリア・M.(Seton,Julia M.)
    1889年、ニューヨークに生まれる。野外調査、講演活動、執筆作業などに多忙な日々を送るシートンを秘書として支え続ける。ジュリア自身はインディアン文化の研究家でもあり、1930年には初の著作『Rhythm of the Redman』を発表、この作品の挿絵はシートンが描いている。1935年に二人は結婚し、3年後に養女を迎える。1946年のシートン死後、ジュリアはサンタ・フェのシートン・ヴィレッジと博物館の管理をしながら著述と講演を続けた。1975年没

    佐藤 亮一(サトウ リョウイチ)
    1907年、青森県に生まれる。慶應義塾大学法学部政治科卒業。毎日新聞記者、共立女子大学教授を経て、日本翻訳家協会会長を務める。94年没

  • シリーズ名
    Hayakawa Nonfiction MASTERPIECES
  • ページ数
    479p
  • ISBN
    978-4-15-208707-2
  • 発売日
    2006年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『動物記』で知られ、ボーイスカウトの創始者でもあった偉大な博物学者の生涯を、彼の日記・未発表原稿などをもとに最愛の妻が描く。
目次
炉辺の火―幼少時代
道を照らす灯―少年時代
青春の炎―青年時代
黄金時代―マニトバの日々
夕べのキャンプファイア―西部の野営地
炎を燃やす―森林の保護
闇にゆらぐ炎―語学の問題
光に導かれて―生活の知恵
乾いた火口―大人のための寓話
聖地のともしび―芸術のとらえかた
立ち昇る森の煙―若人への福音
燃ゆる香―夢は実現した

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:By a thousand fires
対象年齢 一般

商品のおすすめ

膨大な『動物記』の著作で知られるシートンは、自然保護の活動にも熱心であった。世界各地の講演で、鳥の鳴き声をまねてみせ、広野の中で野生動物に出会ったときの感動を語り、生きものが消え去った森の静寂さを嘆き、こう訴え続けた。「われわれは、われわれの子供たちのものを奪ったのです」単なる感傷ではなく、野生生活の体験と、豊かな学識に支えられたシートンの言葉は、彼の死後60年を経た今日でも、われわれの心を深く揺さぶり、強い印象を残す。その生涯を自然とともに生きたシートンの豊かな人生を、公私にわたり彼を支え続けたジュリア夫人が描く二十世紀最高の動物学者の伝記。

ページの先頭へ

閉じる

  • 燃えさかる火のそばで シートン伝

拡大

  • 燃えさかる火のそばで シートン伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中