ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 滴みちる刻(とき)きたれば 松下幸之助と日本資本主義の精神 第4部

  • 滴みちる刻(とき)きたれば 松下幸之助と日本資本主義の精神 第4部

滴みちる刻(とき)きたれば 松下幸之助と日本資本主義の精神 第4部

  • 福田和也/著 福田 和也(フクダ カズヤ)
    昭和35年、東京に生まれる。慶應義塾大学文学部仏文学科卒業。同大学院研究科文学専攻修士課程修了。慶應義塾大学教授。文芸評論家として文壇、論壇で活躍中。「次代を考える東京座会」(PHP研究所)のメンバーも務める。『日本の家郷』(新潮社)で三島由紀夫賞、『甘美な人生』(新潮社)で平林たい子文学賞、『地ひらく 石原莞爾と昭和の夢』(文藝春秋)で山本七平賞を受賞

  • ページ数
    383p
  • ISBN
    978-4-569-64697-8
  • 発売日
    2006年02月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 歴史に名を残す経営者の発想とは?哲学とは?そして宿題とは?気鋭の評論家が描く決定版評伝、感動の完結編。
目次
組合結成
三洋電機
滞納王
朝鮮戦争
渡米という体験
繁栄のアメリカ
フィリップス社
電化元年
テレビの時代
高度経済成長〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

敗戦は松下幸之助をどう変えたのか。すべてを失った失意のどん底から高度成長、そして大往生までを描ききった本格評伝の完結編。

ページの先頭へ

閉じる

  • 滴みちる刻(とき)きたれば 松下幸之助と日本資本主義の精神 第4部
  • 滴みちる刻(とき)きたれば 松下幸之助と日本資本主義の精神 第4部

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中