ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 藤田嗣治 パリからの恋文

  • 藤田嗣治 パリからの恋文

藤田嗣治 パリからの恋文

  • 湯原かの子/著 湯原 かの子
    1971年、上智大学仏文学科卒業。大学院を経て、1984年にパリ4大学第三課程博士号、1999年に同大学新制度博士号を取得。芸術家の評伝が専門

  • ページ数
    315p
  • ISBN
    978-4-10-448802-5
  • 発売日
    2006年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マルセーユまで一人で旅行しておいで。世界一の画家となる人の妻だもの…。1913年に渡仏した藤田が妻に宛てた手紙など、新資料で描く評伝。
目次
第1章 妻とみに宛てた書簡(藤田嗣治と鴇田とみ
房州海岸の恋 ほか)
第2章 第一次世界大戦下のフランス(第一次世界大戦勃発
赤十字救護隊 ほか)
第3章 エコール・ド・パリ(新しい芸術運動
ボヘミアンたちのコミュニティー ほか)
第4章 第二次世界大戦と戦争画(二度目の帰国
壁画『秋田の行事』 ほか)
第5章 国境を越えて(パリ、ふたたび
フジヤマ、芸者、フジタ ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

生誕129年、いまヴェールをぬぐ若き嗣治の愛と野心と芸術。1913年の大晦日、嗣治は妻に書き送る―マルセーユまで一人で旅行しておいで。世界一の画家となる人の妻だもの。封印されていた若き日の手紙をはじめ、新資料を使って描く画家の生涯。第一次世界大戦、エコール・ド・パリ、戦争画、そして…。

ページの先頭へ

閉じる

  • 藤田嗣治 パリからの恋文
  • 藤田嗣治 パリからの恋文

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中