ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ミュンヘン 黒い九月事件の真実

  • ミュンヘン 黒い九月事件の真実

ミュンヘン 黒い九月事件の真実

  • アーロン・J.クライン/〔著〕 富永和子/訳 クライン,アーロン・J.(Klein,Aaron J.)
    『タイム』誌のイスラエル特派員。軍事・謀報事件を担当。2002年にHenry Luce賞を受賞。CNNのコンサルタントや、イスラエルの二大新聞での記者なども務めた。現在ヘブライ大学で教鞭をとるかたわら、IDF(イスラエル国防軍)情報局長も務めている

    富永 和子(トミナガ カズコ)
    東京生まれ。英米文学翻訳者

  • シリーズ名
    角川文庫 ク15-1
  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-04-295801-7
  • 発売日
    2006年02月

743 (税込:802

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一九七二年九月ミュンヘン・オリンピック。イスラエル選手団宿舎を「黒い九月」と名乗る八人のパレスチナ人テロリストが襲った。人質となった十一人全てが殺害されるという最悪の事態を受け、イスラエル首相は報復のため謀報機関モサドに首謀者たちの暗殺を命じた―。イスラエルの軍事・謀報活動を専門とするタイム誌記者が、貴重な新資料をもとに、モサドなど関係者を入念に取材。厚いベールに包まれていた暗殺事件の全貌を明らかにする、衝撃のノンフィクション。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Striking back
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ミュンヘン 黒い九月事件の真実
  • ミュンヘン 黒い九月事件の真実

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中