ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レーニンが愛した女(ひと) イネッサ・アルマンド

  • レーニンが愛した女(ひと) イネッサ・アルマンド

レーニンが愛した女(ひと) イネッサ・アルマンド

  • メリニチェンコ/著 村山敦子/監訳 飯田梅子/訳 伊集院隆介/訳 原口房枝/訳 吉田知子/訳 メリニチェンコ,ヴラジーミル・エフィーモヴィチ(Мельниченко,Владимир Ефимович)
    1946年生まれ。1968年キエフ大学卒、1971年大学院へ。歴史学博士。1976~1987年ウクライナ共産党中央委員会の社会学部部長。その後党文献保管所所長。1989年ソ連邦共産党中央委員会史学部部長。1991年レーニン中央博物館館長。同年ベトナムのハノイのホーチミン博物館に出張。エリツィンにより閉鎖された、レーニン博物館の最後の館長。2000年に来日し、東京で行なわれたレーニン生誕130周年記念シンポジウムで講演をする

    村山 敦子(ムラヤマ アツコ)
    東京生まれ。都立大学人文学部人文学科卒、ロシア史専攻。その後東京大学文学部露文科に学士入学した。フリーの通訳の時期を経て、現在は中国(樺太)帰国者センターで帰国者の日本語・日本事情教育、教材作成等にあたっている

    飯田 梅子(イイダ ウメコ)
    福岡生まれ。札幌大学ロシア語学科卒。東京外国語大学地域文化研究科を経て、現在東京大学大学院人文社会系研究科博士課程在学中。ロシア文学専攻

    伊集院 隆介(イジュウイン リュウスケ)
    東京生まれ。武蔵大学経済学部卒

    原口 房枝(ハラグチ フサエ)
    北九州生まれ。南山大学経済学部卒。モスクワ大学ジャーナリスト学部修士課程修了。シリーズ「世界の子どもたちはいま」の第15巻『ロシアの子どもたち』(学習研究社)、シリーズ「世界の中学生」の第7巻『ロシアの中学生』(同)を担当、取材

  • ページ数
    407p
  • ISBN
    978-4-7880-5110-2
  • 発売日
    2005年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • レ-ニンの片腕であり忠実な同志であった、イネッサ・アルマンド。この美しく賢い女性と、レ-ニンの真実の関係は如何なるものだったのか。
目次
1 道の交差するところ―運命と出会い
2 パリ―「じいさん」とモナリザ
3 愛―幸福感と心の痛み
4 別離―「君」と「貴方」
5 奉仕者―母と子
6 協力者―献身と強情
7 同志―女性と革命
8 孤独―情熱と無関心

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:Я тебя очень любила…
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • レーニンが愛した女(ひと) イネッサ・アルマンド
  • レーニンが愛した女(ひと) イネッサ・アルマンド

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中