ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 韓国司法制度と梅謙次郎

  • 韓国司法制度と梅謙次郎

韓国司法制度と梅謙次郎

  • 李英美/著 李 英美
    韓国生まれ。法政大学社会学部卒、同大学院社会学専攻博士課程修了。社会学博士。現在、法政大学・専修大学兼任講師、法政大学ボアソナード記念現代法研究所委嘱研究員、学習院大学東洋文化研究所客員研究員

  • ISBN
    978-4-588-63510-6
  • 発売日
    2005年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,300 (税込:5,830

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1905~10年,日本の韓国保護政治下,統監府の政策に沿って梅謙次郎が行った韓国司法改革,その慣習調査,裁判制度の改革,法典編纂の過程と問題を究明する。
目次
第1章 法務補佐官制度の実施(法務補佐官制度
法務補佐官会議
法務補佐官制度の廃止)
第2章 不動産法調査会の設立(統監府設置以前の韓国不動産関連旧慣および制度
不動産法調査会
土地家屋証明規則の公布
近代所有権への移行)
第3章 新裁判制度の実施と法典調査局の設置(裁判制度の改正
法典調査局の法典編纂事業)
第4章 統監府の韓国司法制度改革方針の転換(治外法権の撤廃と司法制度改革
司法制度改革関連費用の推移
韓国内閣の変動
司法制度改革から司法事務委託へ)
補論 小田幹治郎と慣習調査事業(朝鮮総督府の韓国慣習調査事業管轄官署
『慣習調査報告書』の編纂
『朝鮮語辞典』
『朝鮮彙報』
「旧慣審査委員会」と「旧慣及制度調査委員会」)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

商品のおすすめ

民商法井底のための大規模な慣習調査事業をはじめ、日本未紹介の一次資料を駆使して解明した注目の研究。

ページの先頭へ

閉じる

  • 韓国司法制度と梅謙次郎
  • 韓国司法制度と梅謙次郎

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中