ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 図説心理戦で絶対負けない交渉術 どんな相手も丸め込む48の極意!

  • 図説心理戦で絶対負けない交渉術 どんな相手も丸め込む48の極意!

図説心理戦で絶対負けない交渉術 どんな相手も丸め込む48の極意!

  • 橋下徹/著 橋下 徹(ハシモト トオル)
    1969年生まれ。94年早稲田大学政治経済学部卒業。同年、司法試験合格。97年弁護士登録。98年に橋本綜合法律事務所を開設。高度な交渉能力を要する示談交渉の場で、「タフネゴシエーター」ぶりを発揮し活躍している実力派弁護士。大阪府立北野高校時代には、高校ラグビー全国大会(花園)に出場、ベスト16入りし、高校日本代表候補にも選ばれる。現在、日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』、テレビ朝日系列『スーパーモーニング』などのテレビや、雑誌などでもその歯に衣着せぬ独特のコメントで存在感を発揮している

  • ページ数
    111p
  • ISBN
    978-4-537-25329-0
  • 発売日
    2005年11月

952 (税込:1,028

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自分のペースに引き込むかけひき論から、相手を説き伏せるレトリック、鉄壁の交渉話術まで、橋本流・最強の交渉術を明かす。思い通りに相手を操る非情の実践テクニック。
目次
第1章 「脅し」と「利益」のかけひき術(交渉相手を動かす三つの法則
相手をうなずかせる仮装の利益 ほか)
第2章 相手を言いくるめる詭弁の極意(一度オーケーしたことを覆す技術
立場の入れ替えを効果的に使う ほか)
第3章 絶対負けない交渉鉄則(交渉は圧倒的に後攻が有利
紛争原因となった行為を責めない ほか)
第4章 相手をたたみ込む話術のポイント(ピンチを切り抜ける言い訳とは
結論は相手の口から言わせる ほか)
第5章 膠着状態の突破術(相手をねじ伏せるデータの使い方
交渉が停滞してきたときの突破法 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 図説心理戦で絶対負けない交渉術 どんな相手も丸め込む48の極意!
  • 図説心理戦で絶対負けない交渉術 どんな相手も丸め込む48の極意!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中