ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 幸田文のマッチ箱

  • 幸田文のマッチ箱

幸田文のマッチ箱

  • 村松友視/著 村松 友視(ムラマツ トモミ)
    1940年、東京に生まれる。慶応大学文学部哲学科卒業。出版社勤務を経て、文筆活動に入る。1982年、『時代屋の女房』で第八七回直木賞、97年、『鎌倉のおばさん』で第二五回泉鏡花文学賞受賞

  • ISBN
    978-4-309-01722-8
  • 発売日
    2005年07月

1,500 (税込:1,650

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 母の死、父・露伴から受けた厳しい躾、弟の死、継母との関わり…そこから浮かび上がる「渾身」の姿。作家・幸田文はどのように形成されていったのか。その「作品」と「場所」を綿密に探りつつ、幸田文世界の真髄にせまる極上の書き下ろし。
目次
幸田文のマッチ箱
母の死から
継母のいる風景
みそっかすの眼
露伴の躾
“おとうと”の色
結婚と性
“流れる”季節
語り口と文体
この世学問
斑鳩の渾身
“崩れ”の宇宙

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「好奇心と潔さに生きる淑女」幸田文との交流を、あらたなエピソードと作品論でつづる。ていねいな筆致で鮮やかに描く渾身の書き下ろし。

ページの先頭へ

閉じる

  • 幸田文のマッチ箱
  • 幸田文のマッチ箱

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中