ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 古代出雲への旅 幕末の旅日記から原風景を読む

  • 古代出雲への旅 幕末の旅日記から原風景を読む

古代出雲への旅 幕末の旅日記から原風景を読む

  • 関和彦/著 関 和彦(セキ カズヒコ)
    1946年、東京都に生まれる。1969年、早稲田大学文学部卒業。71年、同大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了。95年、国学院大学博士(歴史学)。共立女子第二中学校・高等学校校長、国学院大学文学部兼任講師、島根県古代文化センター客員研究員。専攻・日本古代史

  • シリーズ名
    中公新書 1802
  • ページ数
    240p
  • ISBN
    978-4-12-101802-1
  • 発売日
    2005年06月

780 (税込:842

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 神々の集う国・出雲には、いまでもそこかしこに神社が見られる。これらのなかには『出雲国風土記』の時代に起源を求められるものも多く、古代史を封じ込めたタイムカプセルとも言える。幕末期、『風土記』を手に出雲国内を丹念に巡り、旅日記を残した男がいた。その男・和四郎は時に酔い伏し、時に神の娘と出会いながら、美保関から出雲大社まで足を伸ばす。新発見の日記を手に、私たちも古代史への旅に出よう。
目次
序幕 現代・近世・古代の「三つの代」
第1幕 玉造温泉へ―旅立ちの日
第2幕 松江の古社と原風景―法吉鳥が鳴いた
第3幕 嵩山の麓を巡る―子供と神
第4幕 大根島から美保関へ―又右衛門との出会い
第5幕 北浦から加賀へ行く―神々の浦浜
第6幕 佐太大神の世界―目を覚ます神々
第7幕 神々の「勢溜り」―出雲大社
閉幕 歴史は出会い

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 古代出雲への旅 幕末の旅日記から原風景を読む
  • 古代出雲への旅 幕末の旅日記から原風景を読む

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中