ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ドアをあける女

  • ドアをあける女

ドアをあける女

  • メイベル・シーリー/著 板垣節子/訳 シーリー,メイベル(Seeley,Mabel)
    1903~91。米国ミネソタ州生まれ。1926年から35年までは、シカゴやミネアポリスでコピーライターとして活躍。38年『耳すます家』The Listening Houseでデビュー。メロドラマ風のロマンチック・スリラーがシーリーの作品の特徴であり、代表作The Whispering Cup(40)や本作では、共に女性である主人公の、既婚者への恋愛感情を事件に絡ませるという筋書きが成されている。ラインハート、エバハートの流れを汲む“HIBK(もしも知ってさえいたら)”派の作家として活躍した

    板垣 節子(イタガキ セツコ)
    北海道札幌市生まれ。通信教育課程にて慶応義塾大学文学部を卒業。インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ

  • シリーズ名
    論創海外ミステリ 24
  • ISBN
    978-4-8460-0639-6
  • 発売日
    2005年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,980

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
―おもちゃのメリーゴーランドから失くなったもの―小さな町で起きた殺人事件。被害者の従姉妹キャシーは事件に巻き込まれ、彼女を含む十人に容疑の目が向けられる。“閉ざされたドア”は誰をいざなうのか?ドラマチックに展開される謎、主人公の揺れ動く心の襞を巧みに描写したロマンス・ミステリの好編。“HIBK”派の名手、メイベル・シーリーの筆が冴える。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:The beckoning door
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ドアをあける女
  • ドアをあける女

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中