ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 都市社会とリスク 豊かな生活をもとめて

  • 都市社会とリスク 豊かな生活をもとめて

都市社会とリスク 豊かな生活をもとめて

  • 藤田弘夫/編 浦野正樹/編 藤田 弘夫(フジタ ヒロオ)
    1947年生まれ。慶応義塾大学文学部教授。慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士社会学

    浦野 正樹(ウラノ マサキ)
    1950年生まれ。早稲田大学文学部教授。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学

  • シリーズ名
    シリーズ社会学のアクチュアリティ:批判と創造 8
  • ISBN
    978-4-88713-581-9
  • 発売日
    2005年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 阪神大震災のような破滅的惨害から、ゴミ問題のような日常的課題群まで、豊かさの追求がリスクを呼ぶ都市の諸相の分析を通じ、自滅か転換か、岐路に立つ現代文明を抉る。気鋭の執筆陣による新シリーズ第2弾。
目次
序章 都市と社会の論理―批判の営みとしての社会学と主体への問い
第1章 経営文明と都市社会―大量生産型企業の論理
第2章 都市生活の展開・変容とリスク―下層社会から中流社会への動きのなかで
第3章 豊かな生活と消費生活
第4章 都市づくりと公共性
第5章 都市生活と生活環境変動―ローカルな空間制御システム・再考
第6章 豊かさの代償―環境問題
第7章 ホームレスと豊かな社会
第8章 災害と都市―二一世紀・「地学的平穏の時代の終焉」を迎えた都市生活の危機
終章 都市社会のリスクとその変容―直近の生活危機から恒常的な不安の沈潜化へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 都市社会とリスク 豊かな生活をもとめて
  • 都市社会とリスク 豊かな生活をもとめて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中